ARCREATE
WAWO工法(肉盛溶接工法)
NewWAWO工法(表波溶接工法)
NewWAWO工法(裏受金溶接工法)
高強度溶接工法
WAWO工法+一体化工法
WAWO工法+つばなし工法
WAWO工法+スロット工法
WAWO工法+交差工法
WAWO工法+段違い工法
WAWO工法+柱軸工法
WAWO工法+杭柱一体化工法
WAWO工法+エコ鉄骨建築工法
  WAWO構法+杭柱一体化工法
新着情報
sp
WAWO構法標準図最新改訂番号
sp
基本コンセプト
鉄骨建築総合技術
 
映像で見るWAWO構方
 
映像で見る「WAWO構法&KK-ONE工法(併用)」
建築物と地震
  建築物比較
新工法の価値(VE価値)
鉄骨重量の軽減技術
  工期・工数縮減について
地震に強いのは何故か?
  東日本大震災でも強かった
  KK-ONE工法で人工地盤が可能
  WAWO構法の魅力
  亜鉛メッキの鉄骨について
  新工法製作工程・コスト短縮
  WAWO工法専門資料
店舗・マンション等工事例写真
既存建物の耐震補強
  WAWO構法で特に気になること
よくあるご質問
  特許及びその実施許諾
  提携店・代理店について
  新工法ご利用方法
  会社概要・沿革・代表挨拶
  資料請求  メールお申込
  知的財産・免責事項
  個人情報保護方針
  リンク
Copyright (c) 2004
ARCREATE All rights reserved.
 
New  
 
  革新鉄骨溶接方法:特許出願中
   鋼管柱の接合を、従来工法の裏当金とその取り付け及びWAWO工法肉盛を兼ねるディスク又はリング裏受金を用いて、鋼管柱内面と隙間を開けた状態で、片側突合せ溶接により行う方法です。
 
   原則的に、ディスク又はリング裏受金を、ダイアフラム又は一体化コアに取付け、鋼管柱を接合して、[柱軸工法]の基本である柱を製作します。

柱軸工法を用いた鋼管柱の製作に用います。
<鋼管柱内面に密着させた裏当金を廃して、裏当金の代わりに「裏受金」を用いて、鋼管内面との間に隙間を作ってその裏受金をダイアフラム又は一体化コアに組立溶接する工法。>
 
   
  メリット<安・強・短>
 
裏当金、WAWO工法肉盛の代替・改良となります。
裏受金のセットが、裏当金セットや肉盛溶接よりも容易です。
溶接量が約30%低減します。
溶接欠陥が減少します。
鋼管柱製作速度が倍増します。
溶接強度因子である「のど厚」が大きい。
当社新工法の「一体化工法」「つばなし工法」「スロット工法」
「表波溶接工法」と組み合わせると最大効果が得られます。
 
   
 
■裏受金工法の断面マクロ組織
   
 
   裏当金は母材と密着させて仮止し、継手溶接するという通念があります。しかし、裏当金を母材と下手に密着させると空気等がポケットされブローホールなどの溶接欠陥が発生しやすくて、溶接開先ルート部(座部)が溶けにくく、更に密着部に(応)力が集中して強度が弱くなるという問題があります。
 当社では、健全な継手溶接の為に裏当金は必ずしも密着する必要がなく又、裏当金を溶かす必要もなく、仮に裏当金を鋼管柱側に取り付けることないという実験結果から裏当金と呼ばず「裏受金」と称し、 この裏受金をダイアフラム側に取付けて鋼管柱と裏受金との間に意図的に僅かの隙間を開けてセットし柱とダイアフラムの継手溶接を行います。
この方法を「裏受金溶接工法」と言います。
   
 
ホームへ ページトップへ 高強度溶接工法のページへ