ARCREATE
WAWO工法(肉盛溶接工法)
NewWAWO工法(表波溶接工法)
NewWAWO工法(裏受金溶接工法)
高強度溶接工法
WAWO工法+一体化工法
WAWO工法+つばなし工法
WAWO工法+スロット工法
WAWO工法+交差工法
WAWO工法+段違い工法
WAWO工法+柱軸工法
WAWO工法+杭柱一体化工法
WAWO工法+エコ鉄骨建築工法
  WAWO構法+杭柱一体化工法
新着情報
sp
WAWO構法標準図最新改訂番号
sp
基本コンセプト
鉄骨建築総合技術
 
映像で見るWAWO構方
 
映像で見る「WAWO構法&KK-ONE工法(併用)」
建築物と地震
  建築物比較
新工法の価値(VE価値)
鉄骨重量の軽減技術
  工期・工数縮減について
地震に強いのは何故か?
  東日本大震災でも強かった
  KK-ONE工法で人工地盤が可能
  WAWO構法の魅力
  亜鉛メッキの鉄骨について
  新工法製作工程・コスト短縮
  WAWO工法専門資料
店舗・マンション等工事例写真
既存建物の耐震補強
  WAWO構法で特に気になること
よくあるご質問
  特許及びその実施許諾
  提携店・代理店について
  新工法ご利用方法
  会社概要・沿革・代表挨拶
  資料請求  メールお申込
  知的財産・免責事項
  個人情報保護方針
  リンク
Copyright (c) 2004
ARCREATE All rights reserved.
 
New  
 
 
   本工法は、建築鉄骨等の片側溶接継手において、裏当金・食い違いがあっても継手溶接余盛りの形状を次のようにして継手強度・延性を高める工法です。
1   ルート位置から止端部までの水平距離を、部材の少なくとも薄い方の板厚の0.8〜1.5倍に幅広にします。
2   ルート位置の余盛り高さを、部材の少なくとも薄い方の板厚の0.1倍以上に高くします。
   
 
 
   
  【高強度溶接工法の適用】
 
1.   溶接部の脆性破壊防止に有効なNBFW(Non Brittle Fractuer Welding)への適用。
2.   告示平12建告第1464に規定の食い違い(目違い)のある溶接継手に対し溶接継手の強度を確保するための補強方法への適用。
3.   従来の裏当金方式の溶接継手の補強・補修への適用。
   
 
ホームへ ページトップへ 一体化工法のページへ