ARCREATE
新着情報
sp
WAWO構法標準図最新改訂番号
sp
基本コンセプト
鉄骨建築総合技術
 
映像で見るWAWO構方
 
映像で見る「WAWO構法&KK-ONE工法(併用)」
建築物と地震
  建築物比較
  WAWO構法+杭柱一体化工法
新工法の価値(VE価値)
鉄骨重量の軽減技術
  工期・工数縮減について
地震に強いのは何故か?
  東日本大震災でも強かった
  KK-ONE工法で人工地盤が可能
  WAWO構法の魅力
  亜鉛メッキの鉄骨について
  新工法製作工程・コスト短縮
  WAWO工法専門資料
店舗・マンション等工事例写真
既存建物の耐震補強
  WAWO構法で特に気になること
よくあるご質問
  特許及びその実施許諾
  提携店・代理店について
  新工法ご利用方法
  会社概要・沿革・代表挨拶
  資料請求  メールお申込
  知的財産・免責事項
  個人情報保護方針
  リンク
Copyright (c) 2004
ARCREATE All rights reserved.
 
 
 
WAWO構法についてよくあるご質問例
各方面から寄せられたWAWO工法に関するご質問を、全般的なこと・設計・施工・品質管理・運用等に分類しまとめました。お探しの情報に関するカテゴリーをクリックして下さい。
1   WAWO構法全般について
 
 1  WAWO構法の法的な扱いはどうなりますか?
 2  建築確認申請で問題になりませんか?
 3  建築センター等からの第三者機関による技術評価・認定等を取得する予定はありますでしょうか?
 4  WAWO構法の基本は一言で言えばどういうものですか?
 5  WAWO構法の概要を文章で簡潔に説明できませんか?
 6  WAWO構法が従来工法と異なるところは何ですか?
 7  WAWO構法を使う目的は何ですか?
 8  WAWO構法は簡単な工法なのに、今までどうしてこんな方法がなかったのですか?
 9  実績が少なそうで採用すると心配です。大丈夫ですか?
10  鉄骨造建築の鉄骨は軽くて丈夫なのに、なぜ1995年の阪神大震災で沢山の鉄骨ビルが破壊して倒壊したのですか?
11  WAWO構法を使った鉄骨造建築と鉄筋コンクリート造建築ではどちらが良いですか?
 
2   設計について
 
 1  WAWO構法を採用すると設計変更が必要ではないですか?
 2  従来工法では、溶接線の重なりはNGですが、本工法は溶接した上に溶接を重ねることになりますが、溶接部の強度に問題ないでしょうか?
 3  梁端部の断面性能にスカラップ0mmとしてウエブに曲げモーメント負担を考慮していますが、冷間鋼管柱に対し不適切ではないですか?
 4  WAWO構法では、梁材料などが少なくて済むというのは本当ですか?
 5  一体化工法で用いるサイコロの材料はJISのSS400ということですが、この材料を使って大丈夫ですか?
 6  つばなし工法でダイアフラムの出っ張りがないのは良いが、ラメラテアなどの割れが起こらないのですか?
 7  一体化工法のサイコロやつばなし工法の厚板使用のダイアフラム材質でSS400同等以上といった使用材料の記載がありますが、どういう材料か説明をお願いします。
 8  つばなし工法などで、柱梁接合部は通しダイアフラム形式でSN490C(設計標準図)を使用と記述されているが、ダイアフラム板厚50mm以上でQCコアと認識された場合はSS400となるのですか?
 9  WAWO構法では、柱梁接合部で柱の接合部と梁の接合部が一体化されていますが、この部分に力が集中して問題になりませんか?
10  部分スロット工法では、内ダイアフラムが柱に一部しか溶接されておりませんが、梁から柱への応力伝達上問題ないでしょうか?
11  @WAWO構法における「つばなし工法」と「スロット工法」のダイアフラムの板厚選定はどのように行うのですか?
12  スロット溶接について、鋼構造基準16章に剪断応力を伝える時に用いる事が出来るとあり、今回のように引張が作用する部位に用いるのに問題ないでしょうか?
13  柱サイズ□-250に対して梁サイズはH-400×200又はH-350×175サイズが取り付く場合があります。WAWO構法の部分スロット工法では、柱のR部分へ溶接を行うことになりますが、柱の変形性能に問題はないでしょうか?
14  実大実験はカタログ資料にある1体のみでしょうか?他に行った実大実験があれば確認させていただけますでしょうか?
15  スロット工法では、BCR/BCP角形鋼管柱の側面に対し、梁の端寄せができないのではないか??
 
3   施工について
 
 1  WAWO構法のメリットは、溶接量が少ないだけでなく、クレーンの使用時間と階数が少ないと聞いてますが、何故ですか?
 2  柱サイズ□-250×250×6のような板厚の薄い柱にも、WAWO構法は適用可能でしょうか?また、本工法の適用可能な板厚範囲を教えて頂けますでしょうか?
 3  WAWO構法を行うと、溶接歪みが増えるのではないですか?
 4  WAWO構法では、ロボット溶接が適用できますか?
 5  WAWO構法をSRC造に適用できますか?
 6  WAWO構法についてはカタログなどで簡単な説明は得られるが、これだけで設計や施工ができるのですか?
 7  ファブさんはWAWO構法をいきなり使って失敗しないのですか。
 
4   WAWO構法組立方式について
 
 1  一体化工法では、柱梁接合部のサイコロ部分は中がどうなっているのですか?
 2  一体化工法ではサイコロ部が中実なので重くなって問題になりませんか?
 3  つばなし工法に裏受金溶接工法を組み合わせた場合、溶接ルートギャップを適性に確保するのが難しくないですか?
 4  全周スロット工法では、柱肉厚の絞りがある時は、角形鋼管柱のR部の半径が異なり、目違いが発生して問題になりませんか?
 5  スロット孔は精度確保が難しいように思われますが、どのように加工されるのですか?
 
5   WAWO構法溶接方式について
 
 1  肉盛溶接工法を実施すると、溶接欠陥が出来やすくないですか?
 2  肉盛溶接工法では、溶接部の裏面に予め肉盛溶接するとのことですが、能率向上どころか、かえって手数が増えるのではないですか?
 3  表波溶接工法で、両面溶接するが、反対側のガウジングは要らないのか?
 4  表波溶接を行うとフランジ開先溶接が横向き姿勢になりますが、溶接品質に問題ないでしょうか?
 5  裏受金溶接工法では溶け込み不足になり易いのではないですか?
 
6   品質管理について
 
 1  WAWO構法の溶接部の検査は出来るのですか?
 2  本工法の溶接部の品質管理方法は、従来工法と比べてどのように異なるかを教えて頂けますでしょうか?
 3  WAWO構法を使った鉄骨工事の品質の責任は(株)アークリエイトがもつのか?
 
7   WAWO構法の運用について
 
 1  (株)アークリエイトさんは鉄骨製作工場を持たず建物を建てることが出来るのですか?
 2  (株)アークリエイトは設立して間もないため、失礼ですが、建築技術や業務運営上大丈夫なのですか?
 3  WAWO構法は既設建物のリホームに使えますか?
 4  WAWO構法を採用するには、具体的にどうすれば良いのですか?
 5  WAWO構法を使うと、中古物件で販売する場合有利になると言うのは本当ですか?
 6  黙ってWAWO構法を使っても良いのですか?
 
 
ホームへ ページトップへ