ARCREATE
新着情報
sp
WAWO構法標準図最新改訂番号
sp
基本コンセプト
鉄骨建築総合技術
 
映像で見るWAWO構方
 
映像で見る「WAWO構法&KK-ONE工法(併用)」
建築物と地震
  建築物比較
  WAWO構法+杭柱一体化工法
新工法の価値(VE価値)
鉄骨重量の軽減技術
  工期・工数縮減について
地震に強いのは何故か?
  東日本大震災でも強かった
  KK-ONE工法で人工地盤が可能
  WAWO構法の魅力
  亜鉛メッキの鉄骨について
  新工法製作工程・コスト短縮
  WAWO工法専門資料
店舗・マンション等工事例写真
既存建物の耐震補強
  WAWO構法で特に気になること
よくあるご質問
  特許及びその実施許諾
  提携店・代理店について
  新工法ご利用方法
  会社概要・沿革・代表挨拶
  資料請求  メールお申込
  知的財産・免責事項
  個人情報保護方針
  リンク
Copyright (c) 2004
ARCREATE All rights reserved.
 
 
 
専門資料
  ご覧になりたい資料タイトルをクリックしてください
■WAWO工法は何故強いか?
■一体化工法は何故強いか?

■従来法と新工法との曲げ延性の比較
■WAWO工法による継手の変形能
■WAWO工法による継手の金属疲労強度
■実物大破壊試験外観・従来工法スカラップ端からの破壊
■実大実験における従来工法、WAWO工法の荷重・変位曲線
■累積塑性変形倍率ηsと耐力上昇率α
■応力解析結果(3次元有限要素法による)
 
WAWO工法は何故強いか?
   梁端及びコラム端の裏面に肉盛溶接を行うことにより、端部の肉厚を増加させて継ぎ手の強度を増加させるもので、この肉盛溶接は従来の裏当金及びエンドタブの代替えになるもので、併せて、ノンスカラップをやりやすくするものです。
 本WAWO工法は、構造上の課題ではなく、溶接のディーテイルに相当するものです。
   
  1. 接合する鋼板の端部が太くなっているからです。
 
  接合部の肉厚は、柱や梁の板厚に肉盛部の肉厚を加えたもので、もとの板厚よりも大きくなっている。
 
ホームへ ページトップへ
   
  2. スカラップがないからです。
 
 
  柱梁接合部が均一なので力がスムーズに伝わる
 
ホームへ ページトップへ
   
 
3. 切り欠き (応力集中)が無いからです。
 
 
 
ホームへ ページトップへ
  4. 欠陥が出来にくいからです。
 
 
 
ホームへ ページトップへ